-うるツヤ肌なび-

口コミ人気のクッションファンデの比較ランキング!使い方、選び方、高機能商品をおすすめ!

似合う色が変わった?年相応のメイク・塗り方の一工夫

更新日:

ある程度の年齢になると誰もが気づくことですが、塗れば塗るほど老け見えメイクになってしまうということ。塗り過ぎない、作り過ぎない、若く見せることに執着しないことで、逆に若々しさが強調されます。

年齢とともに変わるメイクと似合う色

年齢とともに似合う服の色が変わるように、ファンデーションも似合う色が変化します。
若いころは血色がよかった肌も、年々くすみがちになってきます。
元気良く見せようと、ピンク系のファンデーションを用いると、顔と首とに色の差が出てかえって老けて見えてしまいます。
なるだけ首の色に近い色を選ぶ方が、若々しく見えます。

長年使用してきた化粧品に不足感が出てきた

「疲れているんじゃない?」などと言われたら、ファンデーションのせいかも知れません。
長年使っていたファンデーションに不足感が出てきたら、新しいテイストのクッションファンデーションなどにトライしてみるのもアリかもしれませんね。

ファンデーションの塗り方を工夫

Tゾーンは、ファンデ―ションのテカリを抑えるためにパウダーで押さえ、頬はツヤ感を出すためにパウダーをのせないようにすると、肌が生き生きと見えます。

薄めにするとシミやクスミがカバーできない

気になるシミやクスミは、下地クリームを塗った後、コンシーラーでシミやクスミ、毛穴などをカバーして、顔全体にササッとファンデーションを薄く伸ばします。
また、コンシーラーを塗った部分をこすらないようにすることが大事です。
シミやクスミを隠そうと時間をかければかけるほど厚塗りになって、かえって目立ってしまいます

アイメイクはアイラインが引きにくく濃くなる

目元をすっきりと見せるためにはアイラインは欠かせませんが、年齢を重ねるごとにまぶたのシワやタルミがでてきて、シャープな線が描き辛くなってきます。
重ね描きをしているうちに濃く太いラインになってしまい、品の良くないメイクに仕上がってしまうことがあります。
アイライナーにはリキッドタイプとペンシルタイプがありますが、ペンシルタイプの方が失敗がなく、多少手元がくるっても綿棒などで手軽に直すことができます。

まとめ

若さは日々失われていきますが、齢を重ねてもいつも自分を美しく見せたいと思う気持ちと努力があれば、いつまでも魅力的でいられます。
お化粧も足し算と引き算を上手にとりいれて、コンシーラーを足してシミやクスミを目立たせず、アイラインは若いころよりも細く引いて大人の女性をアピールするなど、工夫しましょう。

おすすめ記事

1

総合ファンデーションランキング クッションファンデはどこのブランドがいい?どれがいい?を口コミと使用感、機能性、安全性、コスパで比較ランキングしました。 口コミ人気1位 資生堂 シンクロスキン グロー ...

2

敏感肌とは、小さい時にアトピーを持っていたり、何かの拍子でアトピーを今でも発生したり、アトピー因子を持っていなくても、もしくは持っているかどうか分からなくても、ストレスや不規則な生活が続いてしまったり ...

3

肌弾力の低下、ハリのなさ、毛穴の開きなど、単なる肌の回復力のなさや、肌表面の衰えではなく、肌の奥深くの土台から、肌の根本からの衰えているという実感をともなった30代の頃とは明らかに違う本格的な肌老化を ...

4

ファンデーションには色々な種類がありますが、「自分に合うファンデーションのタイプ」がいまいち分からず、迷ってしまいますよね・・・・!ファンデーションは… ①敏感、乾燥肌のお悩み ②仕上がりの好み ③扱 ...

-ファンデメイクのQ&A, クッションファンデ
-, , , , , , , , ,

Copyright© -うるツヤ肌なび- , 2018 AllRights Reserved.